top > stories > 無人販売 > 無人販売

2021.06.25 無人販売

無人販売

野菜の無人販売を利用したことはありますか?
その場で育った採れたての野菜が新鮮なまま購入できて、時には流通にのらない珍しい種類に出会えることもある、好きな人にはたまらない場所です。きっと愛用されている方も多いでしょう。
そんな無人販売所は、農家の方がご自身で設営されている場合がほとんどで、畑のはしっこに端材を組んだ台の上に野菜を並べていたり、コインをいれるロッカーを利用したりと形は様々。TOKYO KITCHEN GARDEN MARKET では、そんな無人販売所を改めてデザインして、いろんな場所に設置したらどうだろう、と考えました。さて、どんな景色が見えてくるのでしょう?
第一号が設置されたのは、東京都青梅市藤橋。この辺りは、近年新しい住宅が増えて、若い家族が多く暮らしています。かつては養蚕が盛んだった名残で、畑や農地も数多く残っている地域です。
小さな子どもを育てるお母さんたちにとって、無農薬有機栽培の野菜を気軽に購入できるのは嬉しい限り。近くの農地では意気旺盛な若い農家さんもおり、住宅地に近接していて、すぐに購入できるこの販売所は、農家さんにも、信頼できるものを買いたいと考える若い家族にとってもいいことづくめではないでしょうか。
早速、通りを歩いて行くと、パッと目に飛び込んでくる赤い色。背後に見える茶畑のグリーンとのコントラストが鮮やかです。無人販売所の建物はシンプルな四角い鉄のフレームから、敷地の端に立ててある柱まで、真っ赤なテント生地で屋根が掛けられています。正面の奥には透明なポケットのついた、同じく赤いテントが張られています。ポケットの中にはそれぞれ、様々な種類の野菜が顔を並べています。さながら本日のおすすめ、とでも呼びましょうか?設計を担当したのは一級建築士の畠中啓祐さん。
「ポケットをつけたのは、通りから何が販売されているのかが見えるので、通りがかった人の目にもとまりやすい。ポケット単位で販売すれば、1ポケットいくら、とか値段を決めて購入しやすい、などの利点があります。」なるほど、購入する人にも販売する人にもわかりやすい!
遠くから目を引く赤いテントについても「野菜の緑との補色関係ですね。周囲の畑との対比や、中の野菜が目立つし、光が当たった時にきれいに見える。それから、真上から光が刺した時に野菜が人工的に見えてC G みたいで面白い。」と意外な視覚的効果も教えてくれました。

related post